佐賀大学CARPのブログ(原理研究会)

佐賀カープのサークル活動などを紹介してる公式ブログです!(^^)!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓トンネルッ!!!

どうも美声丸と申します。


今日は後期、初の定例研です(*^^*)


今期からテーマを統一しようという計画です。



つまり今回のテーマは今後の半年の

テーマになる訳です。


ずばり!

そのテーマとは・・・


DSCN0861.jpg


です。


簡単に言えば、日韓トンネルは兄弟国家である韓国と日本の交通の便だけでなく、

国交正常化を図り、国と国とが一つになるためにつくられる予定です。


今、世界において考えが違うからと言って争い、

過去に酷いことされたからと憎む関係にある

国々があることを決して見放すことはできません。


土地が近い位置にあるというのに、

同じ地球に住んでいるというのに、

同じ人間であるというのに、

分かり合えるはずなのに、

いつまでも過去のことで争っていては何も始まらないと思います。


過去は振り返ってもいいが教訓として受け入れて

それぞれが悔い改めて

新しい一歩を踏み出すしかないと思います。



韓国と日本の関係は前回の定例研で考察した通りです。
(見てみてください

このような
 韓国との関係を良くするために

日韓トンネルがどのようなl役割があるのか、

どのように今まで進んできたのか。

調べ学んで行きたいと思います。

まずは
どのような形(ルート)で作られるかを学びました。

DSCN0862.jpg

このAルートです。

≪福岡→唐津→壱岐→対馬→巨済島→釜山≫


(唐津からと思いきや福岡からの日韓トンネルだったことを知りました。)


次に
最近の動きとしては

なんと言っても
対馬 阿連坑口オープン式!!

皆さんはご存知ですか?

201409_1_1-300x199.jpg

九月十一日

約百人の方々が集まったとのこと。
抜けるような晴天の朝、キリスト教式聖別式、神道式、仏教式お祓いに続いて、坑口を開くテープカットが行なわれたそうです。

、「日韓関係、日韓感情がもっと近くなる契機として、2015年の日韓国交回復50周年、2018年ピョンチャン・冬季オリンピックと2020年東京オリンピックを日韓が協力して成功させ、その上でこの日韓トンネルを両国の国家プロジェクトとして一気に進んでいく可能性が高い。その希望に向かって、共に夢を実現させましょう」と語られました。

URL
http://ihf.jp/scene-news/%E5%AF%BE%E9%A6%AC%E3%81%AE%E5%9D%91%E5%8F%A3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E5%BC%8F%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%86/

(これからだということを感じます。)


そして
今までの建設に向かっての歴史

PWPA世界平和教授アカデミーで

文先生の提供された
「アジアハイウェイおよび日韓トンネル構想」
をもとに

1981年には科学の統一に関する国際会議

西堀栄三郎氏(日本の山岳協会会長)
  「日本でも日韓トンネルプログラム始めるべき」
     →日韓トンネル研究会
         ↓
1983年東京に設立


2000年5月 韓国放送 KBS

     8月 韓国の文化放送局 MBCがトップニュースとして放送


今回のはザックリと流れを確認して終わりです。

DSCN0870.jpg


意見としては両極に分かれていて

賛成(^_^)

~物、文化の交流が円滑になり、
技術や産業の平準化が促進され
アジアの均衡ある発展に寄与することができる。~

反対<`ヘ´>

~人と物の流れが拡大されるのではなく
中国・韓国からさらに北朝鮮からの犯罪者や工作員を日本に招き入れ、
日本の治安が悪化するだけだ。~


では、今回の議題です。
日韓トンネルができればあっという間に他国に入ることができますが
犯罪者スパイの侵入をどのようにして見分けますか。


DSCN0876-1_20141116165058b08.jpg


私たちはまず何故入ってくるのかと言うことを話し合っていきました。
犯罪者→逃亡者として罪から逃れるため。
スパイ→日本の情報をいち早く知ろうとし、裏がないか探ってくる。自国の利益。

なぜそういう人が来てしまうのか?

日本は情報管理の甘さがある。
               と言う意見が出ました。
 改善策として
  情報のダミーを作る。
  プロテクターの強化


他には、簡単に入国できるようになってしまうから
                        と言うことで

トンネルを通る際に人を見分ける機械を置く。
 (ただし、交通が混雑する可能性があるため早く判別できる物でなければならない。)

犯罪者の情報、写真などの提供を関係国にする。


このような案が出ました。


しかし、結局は内面が変わっていかないといけないのではないか。

良心基準を高めていかなければならないのではないか。と思います。


国と国が分かり合い一つとなるためには
そして、どこまでも人類一家族を成すためには

自己否定して歩んでいき

今までの歴史の罪を精算し、国家的な恨を解いていかなければならないのが

私たちの責任の一つではないかと思います。


まだまだ、調べて考えていきながら

発展させていくので是非是非お楽しみに(*^^*)


今日はこれで!

それでは
 来週のサガエさんは


カヅオの板チョコ

アナコさんの家族

ダラちゃんの出家


の三本でお送りいたします。


それではみなさん
お元気で


ジャン
ケン










ポン
aa09fb6apa-.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sagadaigakucarp.blog.fc2.com/tb.php/79-cf0ab2f3

 | HOME | 

プロフィール

Author:原研代表
佐賀大カープはW-CARP JAPANに所属しています。私たちは統一原理の思想を学びながら為に生きるリーダーを目指して研究活動や奉仕活動、文化活動に励んでいます。メンバー、一つになって楽しく活動しています♪今後ともよろしくお願いします(;^ω^)

最新記事

カテゴリ

日常生活 (33)
物語 (9)
佐賀裁判 (1)
活動 (20)
ブログ紹介 (1)
カープ紹介 (1)
原理の概要 (0)
*佐賀を探そう* (0)
イベント (3)
定例研究会 (7)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。